ネズミを完全に駆除するには工夫が必要です

subpage01

昭和40年まではネズミの被害と言えば大型のドブネズミが多い時代です。

NAVERまとめを自分らしく選ぶなら此方のサイトがオススメです。

下水管を通じて床下からの侵入が多いのが特徴です。

しかし最近は住宅の高層化により高い場所での移動が得意なクマネズミの被害が多くを占めています。



従来の殺鼠剤が効き難いスーパーラットの出現により素人には駆除するのが困難になりつつあります。

深夜のキッチンを餌場とし、その家が気に入れば繁殖する事もあります。

わずかな期間で爆発的に増加する事があるので、被害が拡大する前に対応する事が必要です。

しかし警戒心が強く、なかなか姿を見せないので、侵入されている事にすら気が付かない事があります。

キッチンの食べ物が移動していたり、粒状の糞が落ちている場合は被害に遭っていると考えられます。


駆除には捕獲用の粘着シートや殺鼠剤を使用しますが、無造作に置いただけでは効果は期待できないです。

床や壁に部分的な汚れがある場所や糞が散乱している場所は通り道です。


その様な場所を選んで設置する事で高い効果を得られます。そして天井裏を毎晩走り回るネズミにはくん煙式の忌避剤を使用するのが効果的です。

ハッカ油等のハーブの効果により追い出し効果が得られます。



これ等の作業をある程度の期間継続しても効果がない場合もあります。
侵入したのがスーパーラットである場合や集合住宅等で侵入経路が複雑な場合は駆除しきれないです。

その様な場合は駆除業者へ相談する事が必要です。
屋根と外壁の隙間や通気口、エアコンの導入部等の出入り口を全て残らず塞いでくれます。
初期費用がかかりますが、短期間で駆除が完了できるので、総額費用を抑える事ができます。